SATOCi chaaan

思ったこと。伝えたいこと。愚痴。

amazarashiは聴いてるこっちが恥ずかしくなるバンドだった

 

こんにちは。SATOCi (さとし)です。


思ったこと、伝えたいことをそのまま書いていきます。(テキトーブログ)
基本ひとりごと。

主な内容は趣味である音楽や車関係中心。
あと日常であった出来事なんかも書きます。


- 今最も勢いのあるロックバンド -
巷で人気のamazarashi (あまざらし) ようやくちゃんと聴けました。(今さら!?)


◎初めて耳にするアーティスト
これほど楽しみな事はないわけですよ。

*事前に聞いた情報*
・今もっとも勢いのあるバンド!
・大御所アーティスト・芸能人も一押し!
・僕(satoci)も大ファンの『東京喰種』の石田スイもファンを公言!


まぁこれぐらいです。
基本的には自分がどう感じるかですからね。


聞いたのは友達がおすすめしてくれたアルバム

・amazarashi
・爆弾の作り方
・千分の一夜物語 スターライト

このあたり。


僕が音楽を聞ける環境は

・仕事中。ヾ(*゚▽゚)ノ メグマレテル!!
・通勤の車。往復1時間
・自分の部屋。


では早速。



~♪


ふむふむ(・。・)~゚




~♪


(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-


~♪





うん。
これ苦手。


世界観作りすぎ。えぐいな。
闇やがな。

これで、共感できる! 歌詞がつきささる! 最高!  

とかまじかぁ・・と思う。



正直ねぇ
聴いてるこっちが恥ずかしい(//∇//)



今のところはハマらないです(ヾノ・∀・`)ナイナイ。


これが感想。



これは例えるなら

 


「♪錆び付いた~ マシンガンで~♪ 今を撃ち抜こぉぉう~♪
という歌詞の歌を改めて聞いたときの感情に似てる。



日本のHIP HOPの異様なダサさにも似てる。
もうね、段違いに勘違い。YO!!~チェケラッチョウ☆



ファッション感覚かな。
とにかく違和感。


日本のHIP HOPいいものはいいです。
KREVAヵッコ(●゚▽゚)ィィ!





・・・(´・ω・`)




実は今では大ファンの凛として時雨にも最初似たような感覚持ってました。

てことはamazarashiも好きになっちゃうんか


というのも
はじめて聴く音楽にどう感じ、接するか。


今回のように縁があり、雑誌やネットで名前を知ったアーティストがどんな音楽で勝負し、勢いがあり、ファンがいるのか。非常に興味深い。

 


ものすごーく天の邪鬼的な発想なのですが、あるとき面白い気付きをしました。


経験あると思いますが、割と『嫌い』ってはっきりしていませんか。

『ボーカルの声』『音』そもそも『ジャンル』というように様々な要因でハマるハマらないは当然あります。

 


全員揃って『好き』はありえないもの(ヾノヾノ・ω・`)ナイナーイ
音楽は自由。芸術だもの。

 

普段は表向きだけでもいいねーって言わなきゃいけないことも多いけど。。

これかわいいねー 『かわいいねー』
これおいしいねー 『おいしいねー』
この曲いいねー 『そう?』
え? 『え?』
コレガワカンナイノ? 『・・・』

 


でもね、その音楽を聴いて『嫌い』を感じられた。
実はこれって結構すごいことだと思うのよ。


なんでって

決まってるじゃないか。

 

僕が毎日新しい音楽を聴く中で圧倒的に『何も感じない事の方』が多いから。

(o・д・)ナニカイッタ?)


曲の構成や音へのこだわり。
アーティストの想いを汲み取ろうと聴くことは意識するのですが、響かない音楽はまずリピートしません。

でも、『嫌い』と思った曲をいつからかそのままにできない自分。。。


そのとき何故、『嫌い』だったのかわからないけど、
あとから『ものすごく好き』になったアーティストが多すぎる

 



うまく説明できませんが、人間特有の妬み?なのでしょうか。
実は悔しい?んでしょうか。(こんなこと絶対俺にはできねぇ)

 


ワタクシ一応熱いステージを夢見るギター弾きなので。。



最初にそのアーティストに対して自分で無意識に下げたハードルを、超えてくる可能性が高いからでしょうか。

 

『中高校生が好きな音楽なんでしょー??』

 


凛として時雨』なんてまさにそれ。

でもあるとき一転した。
そのきかっけもすげー覚えてる。


『え?凛として時雨って3人組なん?この音圧やるやん?』

その瞬間に良い驚きの『感情』を抱いてしまった。

 

もっと聴いてみよう

 

 

 もう止まんないわ

『歌いながらこれ弾けるか?試したい。。楽譜買ってみよう』

 

楽譜まで買う。

TKの音を追求する毎日。

 

この時も最初は思ったんやけどな。

これ苦手。

声きらい。
世界観作りすぎ。えぐいな。
闇やがな。
これがいいとかまじかよ・・と思ってた。

 


事実なのは
例えファーストインプレッションはマイナスでも『感情を持ってしまった』。

 


それは僕には『好き』になる可能性がある音楽ということ。



......はぁ?
と思った方。




『超正解』





言ってる意味わかれへんよね。
まぁひとり言なのでお許しくださいw



共感してくださる方もいらっしゃると思います。


先入観は捨てて、フラットな耳で音楽と向き合うと面白い発見がありますよ。
とますます訳のわかんないことを言って終わりにします。